ジスロマックは、一度服用するだけで一週間ほど効果を持続する経済的な薬です。ジスロマックは、最近若い方の間で蔓延しつつある性病のクラミジアに効果を示し、実際に病院でも用いられている薬です。

ジスロマックの画像とクラミジアに悩まされる男性

ジスロマックが有効な感染症とうつ病の関連性の研究

ジスロマックは、静菌的抗菌効果を示す15員環マクロライド系抗生物質であり、主成分であるアジスロマイシンの薬理作用により細菌のリボソームの50Sサブユニットを阻害するでタンパク質合成を阻害する効果があり、クラミジア感染症やマイコプラズマ菌、インフルエンザ菌、連鎖球菌などに有効とされる医薬品です。ジスロマックの主成分アジスロマイシンは、特殊な製剤技術マイクロスフェアが施された事で、従来の同種の医薬品の様に胃などの上部消化器官で消化吸収する事が無くなり、腸で吸収される様になり胃痛や吐き気などの副作用が少なくなっています。しかし、アジスロマイシンは、腸管の活動を促進する作用や抗菌作用が腸内細菌に影響を及ぶす為に、下痢様相症状が副作用として現れる事があります。
クラミジア感染症は、元々は目の感染症の原因として知られるクラミジア・トリコマチスという細菌に感染する事で発症する感染症であり、日本国内で最も流行している性行為感染症として知られ、特に若い女性に感染者が増加しているのも特徴です。クラミジア感染症は、自覚症状が少ない事から適切な処置が遅れ、感染が卵管島まで上行し卵管癒着による卵管閉塞が主な原因で不妊となります。その為、一般的には患者の体質や遺伝的な素因が起因となり発症する内因性うつ病を不妊症と診断されたという大きな心理的ストレスや辛い喪失体験をした事で内因性うつ病を発症するケースもあります。又、難治性うつ病には、うつ病症状以外の頭痛や腰痛、突然の発熱などの症状が現れ、特に発熱に関してはマイコプラズマ肺炎が原因のケースもあり、感染症研究所では中枢神経系への感染菌の感染とうつ病の関連性が研究されています。